アルコール系シャンプーのメリットとデメリット

今現在、市販で販売されているシャンプーの中で、最も主流になっているのが高級アルコール系のシャンプー。

 

高級アルコールシャンプーが、なぜこれほどまでに主流になったのか。

 

それは多くのメリットがあるからなんです。

 

高級アルコールシャンプーのメリット

 

大手メーカーで作られているシャンプーのうち、大部分を占める高級アルコールシャンプー。

 

いったいどんなメリットがあるのでしょうか。

 

何といっても低コスト!

 

一般的なドラッグストアで販売されているシャンプーは、安価なもので300円程度からありますよね。

 

なぜこれほどまでに安価で販売できるのか…

 

それは低コストで大量生産ができるから。

 

作る側にとっては、まさに好都合なシャンプーなのです。

 

また嬉しいのは作る側だけではありません。

 

私たち購入する側にとっても、安いことはとても嬉しい事ですよね。

 

毎日使うものだからこそ、コストパフォーマンスは大切です。

 

高級アルコールシャンプーは、まさにみんなのお財布に優しいシャンプーと言えます。

 

泡立ちが良い

 

シャンプーはやっぱりモコモコの泡で洗いたいですよね。

 

泡立てば泡立つほど、気持ちがいいですし、きれいになっているような気にもなります。

 

高級アルコールシャンプーは、とても泡立ちが良いのが特徴。

 

ふわふわの泡で、気持ちよく洗髪ができます。

 

洗浄力に優れている

 

高級アルコールシャンプー最大の特徴は、高い洗浄力。

 

整髪剤も皮脂汚れも、ごっそりと落としきり、サッパリと気持ちよく洗い上がることができます。

 

頭皮もスッキリとするので、頭皮環境が整ったような気分になれるのです。

 

石油系シャンプーよりも安全性が高い

 

高級アルコールシャンプーが主流になる前は、石油系シャンプーが一般的でした。

 

ところが石油系シャンプーは、肌への刺激がとても強く、肌トラブルを起こす人が続出してしまったんですね。

 

さらには石油を使用することで環境への影響も大きく、生活用水が環境汚染を促進してしまうことも問題になりました。

 

そこで石油系シャンプーよりも低刺激で、さらに天然油を使用して環境への配慮も高い、高級アルコール系シャンプーが開発されたのです。

 

つまり高級アルコールシャンプーは、多くの人が安心して使えるシャンプーと言えます。

 

高級アルコールシャンプーのデメリット

 

メリットがあればデメリットがあるのが世の常。

 

高級アルコールシャンプーにも、色々なデメリットがついて回ります。

 

では、今度はデメリットについて見ていきましょう。

 

洗浄力が強すぎる

 

石油系よりは刺激が抑えられているとはいえ、まだまだ強い洗浄力を誇る高級アルコールシャンプー。

 

その強い洗浄力ゆえに、刺激が強くなってしまうのも事実です。

 

敏感肌の人や、アトピー肌、小さな子供など、肌の弱い人は肌トラブルを起こすことも少なくありません。

 

脂性肌を促進してしまう

 

脂性肌とは、皮脂が過剰に分泌されてしまう肌のこと。

 

常に皮脂がまとわりついて、肌や髪がべたついてしまうのが特徴です。

 

また脂性肌は毛穴のつまりも引き起こし、抜け毛や薄毛の原因にもなる重大問題。

 

できるだけ脂性肌にはなりたくないのが本音ですが、高級アルコールシャンプーは、脂性肌を促進してしまう恐れがあるのです。

 

その理由は皮脂を取りすぎてしまうから。

 

皮脂は頭皮を保護するために分泌されます。

 

その皮脂をすべて取り去ってしまうことで、防衛本能から皮脂の分泌を増やしてしまうのです。

 

高級アルコールシャンプーで毎日皮脂を取り続けることで、知らない間に脂性肌を促進してしまっているかもしれません。

 

シリコンで毛穴のつまりを促進

 

高級アルコールシャンプーは、高い洗浄力がゆえに髪を痛めてしまいがち。

 

でもそれをカバーするために、シリコンを配合して、キューティクルが保たれているように見せているのです。

 

シリコンは髪をコーティングすると同時に、頭皮をもコーティングしてしまいます。

 

その結果、毛穴のつまりの原因になってしまうことも…

 

最近ではノンシリコンの高級アルコールシャンプーも販売されていますが、シリコンの代わりに別の成分を配合しるものがほとんどで、結局同じ結末になることが多いのです。

 

できれば避けたいシャンプーの一つ

 

高級アルコールシャンプーは、メリットは多いものの、それ以上にデメリットが多いシャンプー。

 

頭皮や髪のことを考えるのであれば、できれば避けたいシャンプーの一つです。

 

ただ、コスト面ではとても魅力的なのは確かですね。

 

どうしても高級アルコールシャンプーを選択したい場合は、できるだけ肌に負担のかからない洗い方をマスターしましょう。

関連するページ