シャンプー選びでは強すぎない適度な洗浄力が大事

シャンプーを選ぶとき、何を基準に選んでいますか。

 

洗い上がりの手触り、爽快感、洗浄力、香り、価格、色々あるとは思いますが、一番注目してほしいのは、洗浄力。

 

といっても、皮脂を根こそぎ落として洗い上がりさっぱり!という強い洗浄力のものを選ぶという意味ではありません。

 

洗浄力が強すぎず、洗い上がりがマイルドなものを選んでほしいという意味です。

 

なぜ洗浄力で選ぶべきなのでしょうか。

 

強すぎる洗浄力はダメージ大

 

洗浄力が強すぎると、肌には大きなダメージがかかっています。

 

自覚症状がなくても、徐々に肌を老朽化させてしまうことも…

 

強い洗浄力がなぜダメなのか、その理由を見ていきましょう。

 

皮脂を落としてしまう

 

「皮脂は肌にとって悪いもの」そんな間違ったイメージを持っている人がとても多くいます。

 

確かに皮脂は、毛穴のつまりや肌のべたつきの原因になります。

 

でも、皮脂は肌になくてはならないものでもあるのです。

 

肌は皮脂があることで、外界からの刺激から守られています。

 

乾燥や紫外線、熱や有害物質など、日常的な生活の中にも刺激は耐えません。

 

そんな刺激から保護して肌を守ってくれている皮脂を、すべて取り除くということは、どういうことか想像できますよね。

 

肌に直接刺激が当たって、肌は大ダメージを受けてしまうのです。

 

それどころか、肌の角質細胞も一緒に洗い流してしまうことも…

 

そのせいで、肌が弱り、髪がやせてしまったり抜け毛の原因にもなってしまいます。

 

炎症を起こす原因にもなる

 

洗浄力が強いことで、肌には見えない傷がついてしまったりします。

 

そこから炎症を起こし、赤身やかゆみ、ただれなどの症状を引き起こしてしまうことも…

 

特に敏感肌の人やアトピー肌の人は、こういったトラブルを起こしやすく、清潔にしなくてはいけないと、洗浄を重ねることで、炎症をさらに悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

髪のキューティクルもはがしてしまう

 

強い洗浄力は肌に必要なものを根こそぎ洗い流すにとどまらず、髪のキューティクルまで洗い流してしまいます。

 

キューティクルの開いた髪からは、中のたんぱく質が抜け出して、パサつきの原因に。

 

さらには、枝毛・切れ毛などのトラブルも引き起こしてしまいます。

 

髪をきれいにしようと思ってシャンプーしているのに、逆に強い洗浄力のせいで、髪がボロボロになってしまっているんですね。

 

優しい洗浄力のアミノ酸シャンプーがお勧め

 

洗浄力の強いシャンプーには、危険が潜んでいますね。

 

シャンプー選びの際には、強い洗浄力を避けて、できるだけ優しい洗浄力を求めるようにしましょう。

 

洗浄力の優しいシャンプーと言えば「アミノ酸シャンプー」アミノ酸シャンプーは、余分な汚れは落としても、必要な皮脂は残してくれる優れもの。

 

髪にも肌にも嬉しいメリットがたくさんあることで知られています。

 

健康で美しい髪を維持するためにも、アミノ酸シャンプーはぜひお勧めです。

関連するページ