ドラッグストアで売ってる安いアミノ酸シャンプーって髪にいいの?

アミノ酸シャンプーは価格が高い…

 

これはもはや誰でも知っている事実なのですが、最近ではドラッグストアなどで安価なアミノ酸シャンプーを見かけるようになりましたよね。

 

「アミノ酸シャンプーが安く買えるなんてラッキー!」なんて、飛びつきたい気持ちはわかりますが、これって本当にアミノ酸シャンプーなんでしょうか…

 

アミノ酸シャンプーの見極め方

 

アミノ酸シャンプーってどんなシャンプーかご存知ですか?

 

「アミノ酸が配合されているシャンプーでしょ!」

 

はい、正解です。

 

つまりどんなシャンプーもアミノ酸さえ配合しておけば、アミノ酸シャンプーと言えてしまうんです。

 

アミノ酸シャンプーの定義は、まだ詳しく決められていません。

 

これがアミノ酸シャンプーの落とし穴とも言えます。

 

では、アミノ酸シャンプーの良しあしを見分けるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それはどれだけアミノ酸を使用しているかで見極めるしかありません。

 

シャンプー容器の裏には、必ず成分表示が書かれています。

 

ここには、配合する量の多い順に名前が書かれるので、成分表示を見れば、アミノ酸の配合は一目瞭然です。

 

アミノ酸系界面活性剤がメインのシャンプー

 

頭皮や髪に優しく、お勧めしたいアミノ酸シャンプーとは、アミノ酸系界面活性剤がメインに使用されているシャンプーのこと。

 

アミノ酸を配合した界面活性剤のみを使用しているか、もしくは、アミノ酸を配合した界面活性剤をメインとして、低刺激の界面活性剤を併せて使用しているかのどちらかになります。

 

例えば、水の次にアミノ酸系界面活性剤の、ココイルグルタミン酸TEAが書かれていたり、アミノ酸界面活性剤のほかに、ラウラミドプロピルベタインなどの低刺激な界面活性剤が使用されているなどが判断の基準になります。

 

アミノ酸を配合しただけのシャンプー

 

アミノ酸シャンプーと名前をつけているシャンプーの中には、アミノ酸を少し配合しただけの粗悪な商品が存在しています。

 

アミノ酸シャンプーと書いて売り出しているのに、実際に成分表示を見てみると、一番配合されているのは、高級アルコール系界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムなんて残念なこともしばしば…

 

アミノ酸系の界面活性剤は、後ろの方に少しだけ配合されていたりします。

 

これでは何のためにアミノ酸シャンプーを選んでいるのかわかりませんね。

 

必ずしも価格が問題ではない

 

アミノ酸シャンプーは、低コストで大量生産できるものではないので、どうしても価格が高くなってしまいがち。

 

でも高価だから良い、安価だから粗悪…というわけでもないんです。

 

高価なアミノ酸シャンプーの中にも、成分が少ないものも存在しますし、安価でもそれなりにアミノ酸を配合しているシャンプーもあります。

 

高価だから絶対に大丈夫と過信するのではなく、また「ドラッグストアで販売しているから」「安価だから」などの理由で忌避するのでもなく、成分表示で判断するようにしましょうね。

関連するページ