ヘアカラーやパーマで髪が傷むのはなぜ?

ヘアカラーやパーマは髪が傷む…そのことは何となくわかっているけれど、どうして傷んでしまうのか、理解している人は少ないですよね。

 

ヘアカラーやパーマがなぜ髪を傷めてしまうのか、その原因がわかれば、対処もしやすくなります。

 

ヘアカラーやパーマで髪が傷む理由

オシャレには欠かせないヘアカラーやパーマ。でも髪には相当な負担をかけてしまっているんです。

 

なぜそこまで負担が大きいのか、その理由を見ていきましょう。

 

髪の奥に浸透するから

ヘアカラー剤やパーマ液が、なぜ髪に良くないのか。その一番の理由は、どちらも髪の内部にまで浸透させるからなんです。

 

ヘアカラーの場合、bキューティクルをこじ開け、髪の内部に染料をしみ込ませることで色を付けます。

 

またパーマ液の場合は、髪の内部に浸透し、本来の分子結合を壊して、新しい結合を作り直します。

 

どちらも髪の内部に働きかける薬剤なので、キューティクルを破壊して、内部に異物を入れてしまうことに…これでは健康な髪を保てるはずがありませんよね。

 

刺激が強い

キューティクルをこじ開けたり破壊したり…ヘアカラー剤やパーマ液は刺激が強い薬剤です。そのため、髪にも刺激を与えてダメージを与えてしまいます。

 

また髪だけでなく頭皮にも、ダメージを与えてしまうというデメリットも。特に生え際から使用するヘアカラー剤は、知らないうちに頭皮に相当な負担をかけています。

 

アルカリ性になるから

ヘアカラーをする場合、アルカリ性の薬剤を使用します。そのため髪がアルカリ性に傾いてしまうのです。

 

アルカリ性に傾くことで、髪はパサついてしまったりゴワゴワになったり…そのままpHコントロールすることなく放置してしまえば、すぐさまダメージヘアへとつながってしまいます。

 

ヘアカラーやパーマのダメージを減らすには…

ヘアカラーやパーマが髪に悪いことはわかっていても、オシャレをするうえで避けられないのも事実ですよね。

 

髪が傷むのを覚悟のうえでヘアカラーやパーマをする!そんな人も多いでしょう。でも、ヘアカラーやパーマのダメージは、ケア次第で減らすことができるんですよ。

 

美容院を厳選する

まずは基本中の基本。理想の美容院選びからです。

 

強い薬剤を使えば使うほど、ヘアカラーやパーマは簡単です。でも、髪へのダメージを最大限減らしながらも、理想の髪形にしてくれる。これが腕のいい美容院のポイントですよね。

 

まずは美容院選びの際に、髪へのダメージをどれだけ配慮してくれるか、ヘアカラーやパーマ実施後のケアは、どんなことをするのかなど、美容院の特徴を調べて、自分に合った美容院を選びましょう。

 

ヘアトリートメントをする

たいていの美容院では、ヘアカラーやパーマの後にお勧めのヘアトリートメントというオプションサービスが用意されていると思います。

 

もちろん別料金でお金がかかってしまうのですが、ダメージで弱った髪を修復することはとても大切なこと。

 

美容院では家庭でできない本格的なダメージ補修が行えます。もったいないと思っても、できるだけサービスを付加してあげましょう。

 

アミノ酸で補修する

ヘアカラーやパーマをした髪は、キューティクルが破壊されて、中のたんぱく質が流れ出てしまっている状態です。

 

そこへアミノ酸を補修することで、タンパク質が満たされ、美しい髪を取り戻すことができます。毎日のシャンプーでアミノ酸シャンプーを使用するだけで、この補修が簡単にできてしまいます。

 

ヘアカラー・パーマ後にしてはいけないこと

ヘアカラーやパーマをした後の行動は、その後の髪のダメージを大きく左右します。

 

ただでさえ薬剤で髪が弱った状態のときは、次の行動は絶対に避けるようにしましょう。

 

ヘアカラーとパーマを同時(直後)に行う

ヘアカラー剤とパーマ液を同時に使用することは、髪にも頭皮にも莫大なダメージを与えてしまいます。

 

せっかく美容院に行ったのだから、全部まとめて終わらせたい!そう思う気持ちはもちろん理解できますが、髪や頭皮のためには、どちらか一つに絞ることがお勧めです。

 

どうしても両方したいという場合は、2週間程度、間を開けて行うようにしましょう。

 

洗浄力の強いシャンプーを避ける

洗浄力の強いシャンプーは、髪のキューティクルをはがし、傷つけてしまいます。ただでさえヘアカラーやパーマでキューティクルが傷んでいるので、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、さらに悪化してしまいます。

 

また石鹸シャンプーは髪をアルカリ性にしてしまいます。ヘアカラーでアルカリ性に傾いた髪を、さらにアルカリ性へと導く原因になってしまうので、避けるのが得策。

 

ヘアカラーやパーマをした後は、低刺激で洗浄力の弱い、アミノ酸シャンプーやベタイン系シャンプーを使用するようにしましょう。

 

ダメージを放置しない

髪のダメージは放っておいて治るものではありません。むしろ、どんどん進行して、どんどんひどくなってしまいます。

 

ヘアカラーやパーマでダメージを受けたと感じたら、すぐにでもケアを始めるようにしましょう。

 

髪の状態を見てうまく付き合っていこう

ヘアカラーやパーマは、自分らしさをアピールするためにも、大切な要素。でも、自分の意思ばかりを尊重して、髪の悲鳴に耳を閉ざしてしまえば、いつか髪はボロボロになってしまいます。

 

ヘアカラーやパーマをするときは、髪の健康状態をチェックして、ダメージに耐えられる状態であるかを見極めることが大切です。

 

ダメージに耐えられそうもないときは、まずは髪の回復を優先してあげるのがベスト。自分の髪とよく相談して、うまく付き合っていきましょうね。

 

ダメージヘアで悩んでいる人にぴったりのアミノ酸シャンプー

関連するページ