シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴を比較してみた

最近、シャンプーコーナーに足を運ぶと、ノンシリコンシャンプーが続々と増えてきていますよね。

 

値段を見てみると、シリコンシャンプーは安価で、ノンシリコンシャンプーは若干高め。

 

どうしてこんなに価格が違うのか、気になるところですよね。シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーとでは、どんな差があるのか、見ていきましょう。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

シリコンシャンプーとは、シリコンを配合しているシャンプーのことで、ノンシリコンシャンプーとはシリコンを配合していないシャンプーのこと。

 

でもシリコンが入っているか、入っていないかというだけでなく、色々な違いがあるんですよ。

 

界面活性剤の違い

シリコンシャンプーは安くて、ノンシリコンシャンプーは高い。これには界面活性剤の違いが大きく関係しています。

 

シリコンとは髪をコーティングして、サラサラにしてくれる成分。頭皮を洗浄することが目的とされるシャンプーには、本来必要ないはずの成分なのです。

 

でも、安価なシャンプーは高級アルコール系の界面活性剤を使用しています。すると洗浄力が高くて、洗髪時に髪がきしみやすくなるのです。これを防止するために、シリコンを配合しなくてはならないというわけですね。

 

一方、ノンシリコンシャンプーは、高級アルコール系界面活性剤を控え、ベタイン系の界面活性剤やアミノ酸系の界面活性剤などを使用しています。洗浄力が優しくなったことで、シリコンを配合しなくてもよくなったのです。

 

ただし、ノンシリコンシャンプーと言えども、高級アルコール系界面活性剤を使用している商品も数多くあります。ノンシリコンシャンプーが必ずしも髪や頭皮に良いというわけではありません。

 

様々な成分を配合している

シリコンシャンプーはシリコンが入っていることで、シャンプー時の手触りや、洗い上がりを快適にしています。

 

でもノンシリコンシャンプーは、どうしてもシャンプー時にきしみがち。これは洗浄力が優しい界面活性剤を使用したとしても、防ぎきることができない問題なのです。

 

そこでノンシリコンシャンプーは、シリコンに代わる成分を配合しています。シリコンのように髪や頭皮をコーティングしてしまうことなく、髪のきしみやからみを防ぐ有効成分を、色々と配合しているのです。

 

そのせいで原価が高くなってしまうというのも、ノンシリコンシャンプーの価格が高い理由の一つです。

 

ただし、中にはシリコンっ配合されていなくても、同じ特徴を持つ成分を配合しているノンシリコンシャンプーもあります。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴

では次に、それぞれのシャンプーのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

 

シリコンシャンプーのメリット・デメリット

シリコンシャンプーのメリットは、何といっても安価で購入できること。コスパが良いというのは消費者にとって一番のメリットです。

 

さらにドラッグストアやスーパーなど、どこでも購入ができるというのも利点の一つ。買い物ついでに購入することができるので、忙しい人でも苦になりません。

 

もちろん、シリコンが配合されていることで、シャンプーの時のきしみや絡みといった不快なトラブルもなく、洗い上がりもサラサラとして快適なのも大きなメリットです。

 

一方シリコンシャンプーのデメリットは、シリコンが頭皮をコーティングしてしまうという点。

 

シリコンのコーティングによって、頭皮に汚れが溜まり、毛穴のつまりや炎症などを引き起こしてしまいます。

 

またシリコンシャンプーの多くは、刺激の強い界面活性剤が使用されています。そのため、髪や頭皮を傷つけてしまう恐れがあるのです。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーのメリットは、シリコンが入っていない分、頭皮の環境が整えられるという点です。頭皮に汚れが溜まることを防ぎ、頭皮を健やかに保つことができます。

 

またノンシリコンシャンプーは、刺激の弱い界面活性剤を使用しているものが多く、髪や頭皮を傷つけることなくシャンプーできるというメリットもあります。

 

反対にノンシリコンシャンプーのデメリットは、価格が高いという点。毎日使用するものなので、コスパが悪いのは大きなデメリットです。

 

またシャンプーしているときに、髪がきしんだり、洗い上がりがパサついたりなど、髪をコーティングできない分、シャンプーが不快に感じてしまいます。

 

シリコンシャンプーかノンシリコンシャンプーか

シリコンシャンプーはダメで、ノンシリコンシャンプーは良いと、必ずしも決まっているわけではありません。

 

なぜなら、シリコンシャンプーでも揮発性シリコンなどの、頭皮に優しいシリコンが使用されているシャンプーもありますし、ノンシリコンシャンプーでも、高級アルコール系の界面活性剤を使用しているものや、シリコンの代わりに同じような成分でごまかしているものなどもあります。

 

どちらがよいと決めつけるのではなく、シャンプー1つ1つの成分表示などをきちんと確認して、シャンプーを選ぶことが大切なのです。

関連するページ