カラーやパーマはやるならどれくらいの間隔でやるのがいいの?

ヘアカラーやパーマは時間が経つと、取れてきてしまいますよね。ヘアカラーの場合は、色あせや色落ちだけでなく、頭頂部の生え際から、元の髪色が出てきてしまいます。

 

またパーマの場合も、巻きが緩くなってしまったり、ストレートに戻ってしまったり…

 

きれいなヘアスタイルを維持するためには、定期的に美容院に通う必要があります。でも、ヘアカラーやパーマは髪にダメージを与えてしまうもの。そんなに何度も施術しても大丈夫なのでしょうか。

 

ヘアカラーやパーマの適正頻度は?

髪のダメージを考えると、あまり繰り返したくないヘアカラーやパーマ。でも繰り返さなければ、見栄えが悪くなってしまう…

 

そんな時、理想となるのが3か月に1度のペース。

 

髪のダメージが修復され、ダメージに耐えられるようになるためには、これくらいの間隔をあけてあげるのが一番です。ただ髪が伸びるスピードは、1か月12ミリ前後…3か月も経てば、生え際が3センチ以上も新しい髪になってしまいます。

 

明るめのヘアカラーをしている場合、3センチも黒い毛が出てきてしまうのは致命的ですね。

 

どうしても3か月待てないというときは、2か月に1度のペース。それも無理な場合は、最低でも1か月以上は待ってあげるようにしましょう。

 

ヘアカラーやパーマを長続きさせる方法

ヘアカラーやパーマの理想的なペースを保つためには、美しい状態を維持することが肝心です。

 

生え際の新しい毛は仕方ないとして、ヘアカラーの色落ち、色あせ、パーマのゆるみなどは、ケア方法によって防ぐことができます。

 

ヘアカラーを長く維持する方法

ヘアカラーで致命的なのは、色落ちや色あせ。ヘアカラーというのは、もともとの黒色を一度落としてから、新しいカラーを入れています。

 

ですから、時間とともに新しいカラーが抜け落ち、色を落とした毛が出てきてしまうのです。できるだけ新しいカラーが抜けないようにするためには、毎日のシャンプーが一番大切。

 

洗浄力の強いシャンプーや、アルカリ性の石鹸シャンプーなどは、カラーを落として色落ちや色あせを促進してしまいます。

 

ヘアカラー専用のシャンプーや、低刺激のアミノ酸シャンプーを使って、できるだけ優しく洗ってあげるようにしましょう。

 

また次の点にも注意すると効果的です。

 

  • ヘアカラーした日はシャンプーを控える
  • ぬるめのお湯で髪を洗う
  • 洗った後は髪を乾かす
  • ドライヤーの長時間使用を避ける
  • ヘアトリートメントをきちんとする

 

ヘアカラーを長持ちさせるには、髪に負担を与えないことが一番。髪にダメージとなることを避けるのが鉄則です。

 

さらにカラー剤は頭皮へも負担を与えるので、頭皮が敏感な人や、最近髪の毛にコシが無くて悩んでいる人は、念のため育毛剤などで頭皮ケアをしておくとよいでしょう。

 

市販の育毛剤の中だと、「資生堂アデノバイタル」や「サクセスバイタルチャージ」などは手頃で、男女ともに頭皮ケアとしてはおすすめだと思います。

 

パーマを長く維持する方法

パーマは通常であれば1~2か月は、かけた時の状態が維持できます。ところが毎日のお手入れを怠ってしまえば、あっという間に伸び伸びに…

 

パーマをきちんと長続きさせるために大切なのは、パーマを意識して生活するということです。

 

いつも通りにシャンプーでゴシゴシ髪を洗い、ドライヤーでまっすぐ乾かし、ブラッシングをする…こんな生活では、パーマはすぐに取れてしまいます。

 

ではどんなところに気を付ければよいのでしょうか。

 

  • 洗浄力の強いシャンプーを避ける
  • シャンプーはできるだけ髪に摩擦がかからないようにする
  • 濡れたままで放置しない
  • ドライヤーをするときは、パーマを意識してクルクルと乾かす
  • 水分の多いスタイリング剤でセットする

 

これらのポイントが、パーマ長続きに関係しています。

 

洗浄力の強いシャンプーは、パーマでダメージを受けた髪にさらにダメージを与え、水分のないパサついた髪を作り出してしまいます。パーマには水分がとても重要な役割を果たしていますので、パサつきは致命的。

 

ただし水分がある方が良いからといって、濡れたままで放置するのは絶対にNG。雑菌やカビが繁殖し、ダメージヘアどころか頭皮の炎症を引き越こしてしまいます。

 

後はセット方法に気を付けること。パーマをうまく引き出してくれるスタイリング剤を駆使して、いつまでもウェーブを維持できるように心がけましょう。

 

髪の補修が一番のポイント

ヘアカラーもパーマも、ダメージを放置してしまうことが一番の天敵。ヘアカラーやパーマで受けたダメージを、どれだけ回復させられるかによって、長続きするかしないかが決まります。

 

髪はダメージを受けることで、キューティクルが傷ついて、中のたんぱく質や水分が抜け出してしまっています。それを素早く補えるように、シャンプーやトリートメントに気を使うことが大切です。

 

できるだけ髪の補修に効果的なアミノ酸シャンプーや、ダメージヘアを補修するシャンプーなどを使用するようにしましょうね。

 

ダメージヘア対策シャンプーを見てみる

関連するページ