髪のボリュームを出すために根本だけパーマをかけることはできる?

髪のボリュームがなくて、いつもペタンコ…
ボリュームが出ないせいで分け目が目立つ…
そんな悩みを持つ人は、意外にも多いものです。

 

いっそのこと根元にパーマをかけてしまいたい!
そんな思いに応えてくれるのが「根元立ち上げパーマ」です。

 

通常、パーマというのは毛先に重きを置いて施術するのですが、根元立ち上げパーマは、根元を重点的に施術を行います。

 

その結果、根元ふんわりでボリューム感満点の、憧れのヘアスタイルを手に入れられるというわけですね。

 

でも根元立ち上げパーマって、実際のところどうなの??こんな疑問を抱く人も多いと思います。そこで、根元立ち上げパーマの特徴についてまとめてみました。

 

根元立ち上げパーマの特徴とは?

ペタンコ髪の人が憧れる、ふんわり無造作ヘア。それを実現させてくれるのが、根元立ち上げパーマなんですね。

 

でも根元立ち上げパーマには、メリットもあればデメリットも…まずは特徴を知ることから始めましょう。

 

根元立ち上げパーマのメリット

根元立ち上げパーマは、根元を重点的にパーマをかけてくれる方法。なので、ぺたんと寝てしまう根元をしっかりと立ち上げ、ボリュームのあるシルエットを作り出してくれます。

 

パーマなので、シャンプー後もドライヤーをかければ、何度でもふんわり感を再生できるというメリットも。

 

ボリュームがない人にとっては、奇跡のようなパーマなんです。

 

根元立ち上げパーマのデメリット

根元立ち上げパーマは、ボリュームのない人の憧れ…とはいえ、デメリットがあるのも確か。

 

まず一番のデメリットは、髪や頭皮へのダメージです。ただでさえパーマ液は髪にダメージを与えてしまいますよね。

 

それがさらに、根元近くにパーマ液を使用するため、頭皮にパーマ液がついてダメージを受けてしまうのです。

 

そしてもう一つのデメリットは、長続きしないこと。毛先であれば髪が伸びてもパーマを持続することができますが、根元はそうはいきません。

 

髪が伸びてくれば、いつまでも根元ふんわりというわけにはいきませんよね。通常のパーマが2~3か月は持続できるのに対し、根元立ち上げパーマは1か月程度しか持続できません。

 

髪のボリュームを出す方法

根元立ち上げパーマをしなくても、髪のボリュームをアップする方法は色々あります。

 

わざわざダメージの大きいパーマを選ぶよりも、まずは自分で安全にできる方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

シャンプーにこだわる

ボリュームがない原因は、実はシャンプーにあるかも!?と言えるほど、髪のボリュームとシャンプーは大きな因果関係にあります。

 

髪にボリュームがない、ペタンコになりやすい人が、シリコンなどの髪をしっとりさせる成分を配合したシャンプーを選んでしまうと、余計に髪はしっとりとまとまって、ふんわり感が出ません。

 

逆にノンシリコンや、しっとり感よりもふんわり感を重視したシャンプーであれば、ボリュームが出やすいというわけですね。

 

また髪のボリュームが出ないのは、抜け毛や細毛が原因になっていることも。刺激が強く、洗浄力の高いシャンプーは抜け毛や細毛を促進してしまいます。

 

低刺激で洗浄力も優しいシャンプーを選ぶことも、ボリュームアップには大きなポイントとなります。

 

ドライヤーの方法をこだわる

髪のボリュームに悩む人で、ドライヤーをしていない…なんて人は、まさかいませんよね?

 

ドライヤーをせずに濡れた髪を放置することは、髪のボリュームダウンに大きくつながります。

 

シャンプー後は絶対にドライヤーをすることが絶対条件なのですが、その方法にこだわることで、ボリューム感をアップさせることができます。

 

では、ボリューム感をアップさせるドライヤーの方法をみていきましょう。

 

  1. ある程度乾くまでは通常通りドライヤーをします。
  2. 頭を倒し髪全体を前に持ってきて、首元から頭頂部に向けてドライヤーをします。
  3. 次は右全体に髪を持っていき、同じように下から上へ乾かしていきます。
  4. 反対側も同じように繰り返します。
  5. 分け目とは関係なく、細かく分け目を作り、それぞれ下から上に髪が立つように乾かします。

 

この方法で乾かせば、髪が自然にふんわりとして、ボリューム感のあるヘアスタイルが作りやすくなります。

 

ただし、ドライヤーの熱を当てすぎるのは厳禁。できるだけ手早く済ませるように心がけましょう。

 

ワックスやムースよりもスプレー

スタイリング剤を使用するときは、スプレーを使うことがお勧め。スプレーを髪の内側から吹きかけることで、ふんわりとしたスタイルをキープすることができます。

 

特に頭頂部や後頭部をふんわりさせると、全体的にボリュームのあるヘアスタイルに見せることができます。

 

ワックスやムースはボリュームダウンの原因にもなるので、できるだけ使わないようにしましょう。

 

ボリュームはケア次第で変わる!

髪のボリュームは個人差が大きくあります。何もしなくてもボリューム満点な人もいれば、一生懸命頑張ってもなかなかボリュームが出ない人もいますよね。

 

でも、正しいケアをきちんと行えば、髪のボリュームは変えられます。

 

ボリュームがないのは仕方ない…なんて諦めずに、しっかりとケアしてみてくださいね。

関連するページ