カラーによる髪の傷みが気になるならリタッチで我慢

カラーリングをする間隔は、3か月程度あけるのが理想。それはわかっているけれど、3か月もカラーリングしないと、根元が黒くプリン状態になってしまう…

 

そんな葛藤を抱いている人、結構多いですよね。

 

確かに3か月もカラーリングを放置しておけば、根元は約3センチ以上も新しい毛が生えてきます。これではちょっとみっともないですよね…

 

そんな時は、リタッチをするというのも一つの手。リタッチとは、伸びてきた根元だけをカラーリングしてくれる方法。リタッチをうまく使いこなせば、理想的な髪型を維持できます。

 

リタッチするメリットは?

リタッチは根元だけをカラーリングする方法なので、髪のダメージを気にしている人にはたくさんのメリットがあります。

 

中央や毛先はダメージを受けない

リタッチは髪の根元の新しい毛だけにカラーリング剤をつけます。ですから髪の中央部分や毛先は、一切ダメージを受けません。

 

何度もカラーを繰り返して、髪がぱさぱさ…そんな心配がなくなるのが最大のメリットです。生え際が黒くなるのが嫌で、短い間隔でカラーリングをしている人や、明るいカラーで染めている人にぴったりですね。

 

カラーリングの時間が短い

美容院で全体をカラーリングしてもらうと、結構時間がかかってしまいますよね。毎月のように美容院に一日をつぶされるのは、忙しい私たちにとって、かなりのタイムロスだったりします。

 

でもリタッチはカラー剤を塗る場所も少なく、通常のカラーリングに比べて早く終わります。休憩中に、会社帰りに、デートの前に…ちょっとした空き時間でできてしまうのが嬉しいですね。

 

値段が安い

美容院にもよりますが、全体カラーよりもリタッチのほうが、価格が安く設定されている場合があります。特に長さによってカラーリングの料金が異なるお店は、リタッチはかなりの安価で提供してくれています。

 

使うカラーリング剤が少ない事や、時間がかからないことなど、美容院の負担が少ない分、安く提供できるんですね。

 

リタッチのデメリット

嬉しいメリットの多いリタッチですが、残念ながらデメリットもあります。

 

デメリットをきちんと把握していないと、リタッチとうまく付き合っていくことができないので要注意です。

 

色落ちや色あせには効果がない

リタッチは根元だけを染める方法。なので、当然髪の中央や毛先その染め直しはできませんよね。

 

髪の中央や毛先が色落ちしたり、色あせしてしまった場合には、リタッチでは直せないというデメリットがあります。

 

色落ちしたカラーに合わせることになる

もしもリタッチをするときに、すでに中央や毛先が色落ちしている場合、根元の色も色落ちしたカラーに合わせることになってしまいます。

 

カラーリングが色落ちしてくると、だんだん金髪に近い明るい色になってきますよね。リタッチは通常毛先の色に合わせて行うので、どうしても金髪に近い状態になってしまいます。

 

リタッチ料金が設定されていないサロンもある

多くの美容院は、リタッチの料金が全体カラーよりも安価に設定されています。ところが、中には全体カラーもリタッチも、同じ料金で扱っているお店もあるのです。

 

リタッチで安く済ませようと思って行ってみたら、結局いつもと同じ料金だった…なんてこともあるかもしれません。

 

リタッチのうまい使い方

リタッチはメリットもあればデメリットもあるカラー方法。うまく使いこなすためには、いくつかポイントがあります。

 

このポイントを押さえて、うまく活用していきましょうね。

 

毎回リタッチはNG!

髪のダメージが気になるからと言って、毎回リタッチで済ませようとするのはNG。

 

髪へのダメージは少ないですが、きれいなカラーを保つためには3~4か月に一度、全体カラーで整えていくことがポイントです。

 

なじみの美容院を作る

最初に全体カラーをしてもらった美容院であれば、今どの程度色落ちしてしまっているのか、すぐにわかりますよね。

 

リタッチがいいのか、全体カラーがいいのかなど、細かい相談ができるのは重要なポイント。

 

毎回色々な美容院で染めるのではなく、なじみの美容院を作っておくと便利です。

関連するページ