髪の傷みが気になる人におすすめのビタミン群とその働き

髪の毛が傷むと、スタイリングもうまくキマりませんよね。美しい髪の人を見ると、うらやましくて溜め息が出てしまいます。

 

髪に元気がないときは、ぜひビタミン類に目を向けてみましょう。

 

体もビタミン不足では、元気が出ないですものね。

 

髪の毛の元気はビタミンがカギ

忙しい現代社会では、ゆっくり食事する時間もなく、ついジャンクフードや麺類などの単品ものに頼ってしまいがち。どうしてもビタミン不足に陥りやすくなっているのですね。

 

でもこれでは、体調にもよくないですし、髪の毛にも悪影響が出てしまいます。そう、体だけでなく、髪の毛にもビタミン類は大事な栄養素なのです。

 

ビタミンが必要なわけ

ところで皆さんは、ビタミンがどんなはたらきをしているかご存知でしょうか。まずはビタミンについての基礎知識をおさらいしましょう。

 

ビタミンは、私たちが生きていく上で必要な栄養素のうち、炭水化物・たんぱく質・脂質以外の有機化合物です。

 

ヒトの体に欠かせないビタミンは、なんと13種類もあるのです。

 

ビタミンは、エネルギーや体を作る役割こそ担っていませんが、体の成長や健康の維持のためにはたらき、ほかの栄養素のお手伝いをしています。ビタミンが足りなくなるとビタミン欠乏症となり、病気や成長障害を引き起こしてしまいます。

 

髪の毛でいえば、主立って髪の毛を作ることはしていませんが、髪の毛を作るお手伝いという重要なはたらきをしています。

 

ビタミンがなければ髪は健康に育っていくことができず、ダメージに弱くすぐに傷んでしまう髪の毛になってしまうのですね。

 

ビタミンのほとんどは、体内で作り出すことができません。ですから毎日食べ物から補充していかなければ、不足していってしまいます。

 

元気な髪のためにも、意識的にビタミン類の入ったものをしっかり食べるようにしましょう。

 

摂っておきたいビタミンの種類

ビタミンの役割がわかったところで、健康な髪の毛のために必要なビタミン類をみていきましょう。

 

ビタミンCは、血管を保護しながら血液をサラサラにして血行を促進させるので、毛母細胞に栄養を届けやすくしてくれます。おまけに、髪の毛の細胞をつなぎ合わせる役目も担っているので、しっかりした髪作りに欠かせない栄養です。

 

抗酸化作用があるので、頭皮のアンチエイジングにも役立ちます。

 

「髪にはビオチンがいい!」という話を聞いたことがありませんか?ビオチンはビタミンHの別名で、Hと名乗っていますがビタミンB群の仲間です。

 

毛細血管を太くして血流を上げ、頭皮の新陳代謝を高めてくれます。白髪予防にも効くといわれていて、白髪対策用のサプリにも使われています。

 

ビタミンB群はほかにも、血行促進効果のあるビタミンB3(ナイアシン)、髪の潤いを守るビタミンB2、頭皮の乾燥を防ぎながら、髪の素となるケラチンを作るサポートをするビタミンB6など、髪の味方がいっぱいです。

 

そのほか、抜け毛とフケを予防するビタミンA、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEなど、ビタミン類には髪の毛に重要な栄養素が盛りだくさんなのです。

 

「ダイエットを始めてから髪に元気がない」「一人暮らしになってから髪のツヤがなくなった」という人は、もしかしたらビタミン不足のせいかも知れません。ぜひ積極的に摂っていきましょう。

 

製造を終えた段階の今の髪の毛は、ビタミンを摂取しても傷みを改善させることはできませんが、これから今の髪の毛より傷みに強い美しい髪の毛が生えてくること間違いなしです。

 

サプリメントで補う場合、脂溶性ビタミンは摂りすぎると過剰症を起こすことがあるので、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは飲む量に気をつけてくださいね。

 

関連するページ