遺伝だけじゃない!抜け毛の原因はたくさんある

お父さんやお爺さんがハゲている人の場合、自分も薄毛になると、
「遺伝だから仕方がない」
とあきらめてしまうことが多いと思います。

もちろん薄毛の原因の一つとして、遺伝はあると言われています。
でもこの遺伝、「ハゲる遺伝子」が存在するわけではなく、
あくまでも「ハゲやすい体質が遺伝する」というだけの話のようです。

また私がストレスで抜け毛が増えたように、
遺伝以外にも抜け毛の要因はたくさんあります。

たとえお父さんやお爺さんがハゲていても、適切なケアをすることで、
抜け毛を防ぐことは必ずできると思います。

ハゲの遺伝子は存在しない!

「ハゲは遺伝」は、多くの人が持っている誤解です。
お父さんやお爺さんがたとえハゲていたとしても、ハゲていない人はたくさんいます。

それは、遺伝するのは「ハゲやすい体質」だけだからなのだとか。
「ハゲやすい」と「必ずハゲる」は、全く違うことですよね?

それではハゲやすい体質とは、具体的に何かといえば、

  • 男性ホルモン「テストステロン」
  • 還元型酵素「5αリアクターぜ」

この2つなのだそうです。

テストステロンと5αリアクターぜが結合すると、「ジヒドロテストステロン」という、
やはり男性ホルモンなのですが、別の形になるそうです。

このジヒドロテストステロンが毛母細胞に働きかけることにより、
抜け毛が増えることが分かっています。

なので遺伝的に、上の2つがたくさん分泌する人は、「ハゲやすい」ことになります。

しかし現在の育毛剤には、このテストステロンと5αリアクターぜの結合を、
抑制するものがあります。

それらの育毛剤をきちんと使えば、たとえ遺伝的にハゲやすい体質でも、
ハゲを防ぐことはできるわけです。

抜け毛の原因はたくさんある

また抜け毛の原因は、遺伝だけではありません。
他にもたくさんの要因があり、抜け毛はそれらが複合的に絡み合い、
起こるものだと言われています。

それらの要因は、次のようなものです。

生活習慣

まずタバコは、抜け毛を加速すると言われています。
お酒も適量ならば問題はありませんが、
飲み過ぎは、やはり抜け毛の原因になるそうです。

どちらも頭皮の血行を阻害するからです。

その他に栄養の偏りや睡眠不足も、髪の成長を阻害して、
抜け毛を悪化させるようです。

ストレス

強いストレスを受けると円形脱毛症になるのは、よく知られていることです。
ストレスは、タバコや酒と同様、頭皮の血行を阻害する原因となり、
その結果、抜け毛が増えると言われています。

ヘアケア方法の間違い

ヘアケア方法の間違いも、抜け毛の大きな原因になるとのこと。
まずはシャンプー。

刺激の強い成分が含まれたシャンプーは、頭皮環境を悪化させ、
抜け毛を増やすと言われています。

また、

  • シャンプー後のすすぎ方が足りず、シャンプーの成分が頭皮に残ったままになっている
  • 髪を乾かす際、ドライヤーが頭皮から近すぎる

などのことも、抜け毛を加速するそうです。

さらにパーマやヘアカラーも、髪と地肌を傷めるので、抜け毛の原因になるようです。

抜け毛の原因を1つずつ潰していこう!

このように、抜け毛の原因は遺伝だけではなく、たくさんあります。
きちんとしたケアをして、これらの原因を1つずつ、地道に潰していくことが、
結局は薄毛を解消する一番の近道だと思います。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る