抜け毛を減らすために見直すべき生活習慣は?

抜け毛が増えたら、まずは育毛剤を使いますよね?
それはもちろん、必要なこと。
放置すれば、そのままどんどん毛が抜けてしまいます。

ただ、育毛剤を使えばそれで全て解決かといえば、そういうわけでもないようです。

抜け毛が起こる原因は、もちろん遺伝も関係あります。
抜け毛になりやすい体質は、遺伝すると言われているからです。

でもそれに負けず劣らず、生活習慣の影響で抜け毛になることも多いとか。
なので抜け毛を減らすためには、生活習慣を見直すことも必要だと思います。

このような生活習慣を見直そう!

ストレス

ストレスは、抜け毛の大きな原因になるそうです。
ストレスによって血行が阻害され、毛母細胞に栄養が運ばれなくなるのと共に、
抜け毛の大きな原因となる男性ホルモンの分泌が増えるからなのだとか。

なのでストレスを受けている場合には、それをうまく解消することが大切です。
入浴や適度な運動、十分な睡眠など、自分にあったストレス解消法を探しましょう。

睡眠不足

髪の毛は、夜寝ている間に伸びるそうです。
特に夜10時〜深夜2時に寝ていることが大切で、
その間が髪の毛の成長は最も活発になるのだとか。

10時に寝るのは、忙しい人にとっては難しいかもしれません。
でも最低でも12時には寝るようにし、
また睡眠時間は6時間は取るようにするのがいいと思います。

栄養の偏り

髪の毛が伸びるためには、栄養が必要です。
育毛剤にも、様々な栄養素が配合されてはいるわけですが、
もちろん食事できちんと栄養を取ることも大切でしょう。

脂っこいものや甘いものは、皮脂を分泌させる原因ともなるそうなので、
取り過ぎないようにするのがおすすめです。

逆に大豆製品や野菜などは、アミノ酸やビタミンなど、
髪の毛に必要な栄養が豊富に含まれているそうなので、
たくさん食べるようにしましょう。

運動不足

運動不足は肥満の原因ともなるわけで、
肥満になると血管が圧迫されて、血行不良になるそうです。
また心肺機能も低下して、血液の循環が悪くなることもあるのだとか。

ですから適度な運動は、育毛のためにも必要だそうです。
無理することはないそうなので、自分にあった軽い運動を継続するのがおすすめです。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る