抜け毛の最大の原因は男性ホルモン!

薄毛の人は、生え際と頭頂部飲みが薄くなり、
側頭部や後頭部はフサフサのことが多いと思います。
これは「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれ、薄毛の代表的な症状です。

このAGA、原因が比較的はっきり特定されています。
男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」がその原因物質といわれています。

ジヒドロテストステロンが抜け毛を誘発する

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種です。
やはり男性ホルモンである「テストステロン」と、
酵素である「U型5αリダクターゼ」が結合することにより生成されるとのことです。

ジヒドロテストステロンが毛母細胞に働きかけると、
毛母細胞は髪を成長させるのをやめ、したがって髪は抜けてしまうのだとのこと。

薄毛でない、通常の髪でも抜け毛は起こり、ジヒドロテストステロンは、
抜け毛のスイッチを入れる働きをしているようです。

テストステロンとU型5αリダクターゼの分泌量は遺伝的に決まっていて、
人によって多かったり、少なかったりするようです。
分泌量が多い人は、その分抜け毛が増えますから、薄毛になるということみたいです。

U型5αリダクターゼは、頭皮では生え際と頭頂部にしかないのだとか。
そのため、ジヒドロテストステロンもその部分にしか生成されず、
生え際と頭頂部だけが薄いAGAになるということだそうです。

U型5αリダクターゼの働きを抑える成分

このようにAGAでは、原因が比較的はっきり分かっているため、その対策もできています。
要は、ジヒドロテストステロンが生成されなければいいわけですよね?

有名なAGA治療薬「プロペシア」は、有効成分「フィナステリド」が、
U型5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

それにより、ジヒドロテストステロンが生成されないようになり、
実際AGAに効果があるようです。

でもプロペシアは「性欲減退」「男性機能低下」、
さらには妊婦が触ると胎児が奇形を起こすという、深刻な副作用があります。
私もそれが怖くて、プロペシアを使うことはあきらめました。

フィナステリド以外にも、実はジヒドロテストステロンの生成を抑える成分があります。
それが、「ノコギリヤシ」。

このノコギリヤシも、フィナステリドと同様に、
U型5αリダクターゼの働きを抑える作用があるそうです。

チャップアップを初めとする、現在の多くの育毛剤には、
このノコギリヤシが配合されています。

ノコギリヤシは自然由来の物質ですから、
フィナステリドとは違って副作用はありません。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る