間違ったヘアケアが抜け毛の原因になるので注意!

抜け毛は、ヘアケアの方法を間違えることにより増えることがあるそうです。
大きいのは、

  • シャンプーの選択
  • シャンプーの回数・方法

なのだとか。
頭皮を乾燥させないようにすることが大事みたいです。

シャンプーをし過ぎることは逆効果

頭皮のギトギトとした過剰な皮脂が、抜け毛に悪影響があるのは分かると思います。
皮脂により毛穴がふさがれてしまいますから、髪がきちんと育つことができません。

でも実はこの過剰な皮脂、シャンプーのし過ぎによって起こることが多いのだとか。

必要な皮脂まで取り除き、頭皮が乾燥してしまうと、
逆に皮脂が過剰に分泌するのだそうです。

皮脂は本来、頭皮を保護する役割を果たすそうです。
頭皮の表面に薄く広がり、皮膚の角質層から水分が蒸発するのを防ぐとのこと。

ところがシャンプーをし過ぎると、
この本来必要なはずの皮脂も、取り去ってしまうことになります。

皮脂がなくなれば、頭皮は乾燥してしまいます。
「それではまずい」と頭皮も焦るのでしょうか(笑)、
せっせと皮脂を分泌するようになるのだとか。

それが、皮脂の過剰分泌につながるそうです。

皮脂が過剰に分泌して頭皮がギトギトになればなるほど、
さらに「シャンプーしなければ」と思いがちですよね?

でもこれは完全に負のスパイラルで、
すればするほど、頭皮環境は悪化していくというわけです。

シャンプーは、1日に1回が適切だそうです。
それ以上シャンプーするのは、良くないそうなので注意しましょう。

シャンプーの刺激成分も頭皮を傷める

シャンプーに、頭皮の刺激になるような成分が入っている場合には、
やはり頭皮を傷め、乾燥させてしまうため、皮脂が過剰に分泌することがあるみたいです。
特に危ないのは、石油系の界面活性剤なのだそうです。

石油系の界面活性剤は、洗浄力は高いし低コストだしで、
価格が安いシャンプーに使われることが多いのだとか。
でもこれは、頭皮には良くないそうです。

おすすめなのは、アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーだそうです。
多少価格は高くなりますが、やはり安心なものを使うのは大事ですよね。

シャンプーの仕方にも気をつけよう!

あと、頭皮を健康に保つには、シャンプーの仕方にも気を使う必要があるそうです。
まず大事なのは、よくすすぐこと。

すすぎが足りず、シャンプーの成分が頭皮に残ったままになると、
頭皮を傷める可能性があるそうです。

それから、シャンプー後のドライヤーにも注意が必要。
あまり近くから当て過ぎると、熱で頭皮を傷める危険があるとのことです。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る