自分がAGAかどうかをチェックする方法は?

AGAは「男性型脱毛症(Andro Genetic Alopecia)」の略称です。
男性に多いタイプの脱毛症として知られており、この名前がついたようです。

といっても男性だけに固有の脱毛症ではありません。
女性でも、AGAになることはあります。

AGAの原因は?

AGAの原因は、「ある特定の型の男性ホルモンが多量に生成されてしまう」こと。

男性ホルモンは、原型は「テストステロン」と呼ばれます。
これは男性はもちろん多量に分泌されていますが、女性の体内でも分泌されます。

このテストステロン自体は、脱毛の原因とはならないとのこと。
薄毛の人とそうでない人とのテストステロンを比較しても、違いは全くないそうです。

ただしこのテストステロン、変化することにより脱毛の原因になります。

テストステロンが酵素「U型5αリダクターゼ」と結合すると、
男性ホルモンの別の型「ジヒドロテストステロン」になります。

このジヒドロテストステロンが毛母細胞に作用すると、
毛母細胞は髪の毛を作るのをやめ、脱毛するのだそうです。

AGAの症状

AGAは、頭頂部および生え際が薄くなります。
頭頂部だけの人、生え際だけの人、両方の人がいます。

また両方の場合の発症の順番も、まずは生え際が薄くなり、
そのあと頭頂部が薄くなったり、その逆の場合もあり、人によって違うそうです。
いずれにせよ、頭頂部と生え際が薄いのは、AGAのことが多いようです。

AGAチェックリスト

抜け毛が起こった場合、AGAかどうか、気になると思います。
そこでAGAかどうかのチェックリストをまとめました。

このチェックリストに3つ以上当てはまるようならば、
AGAであることを疑った方がいいと思います。

発症したら時間をおかず、できるだけ早くケアすることが、
AGAを進行させないためにはポイントになると思います。

  • 両親や兄弟、親戚、祖父にハゲている人がいる
  • 思春期よりあとに髪が抜け始め、現在も進行している
  • 生え際や頭頂部が薄くなっている
  • シャンプーの後や朝起きた時の枕に抜け毛が残っている
  • 髪の毛のハリやコシがなくなり、すぐに髪が寝てしまう
  • 短い髪の毛が多くなった
  • 産毛が目立つようになった

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る