自毛植毛、人工毛植毛のメリット・デメリットは?

植毛には、

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛

の2種類があります。
それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛とは呼んで字のごとく、自分の髪の毛を移植することです。
男性の薄毛は、多くの場合生え際と頭頂部は薄くなりますが、
後頭部などは薄くなりません。

そこで後頭部の毛が生えている部分の髪の毛を頭皮ごと切り出して、
髪が薄い部分の頭皮と置きかえることが可能になります。
これが「自毛植毛」です。

自毛植毛のメリット

メンテナンスがいらない

自毛植毛は、一度手術をすれば、あとはそのまま普通に毛が生えてくるようになります。
カツラと違ってメンテナンスが不要なのは、大きなメリットです。

自毛なので外れる心配がない

また自毛ですから、カツラと違って外れる心配がりません。
「バレるのでは?」と気にする心配がいらないのはいいですね。

拒絶反応がない

自毛植毛で移し替える頭皮は、自分の頭皮。
なので拒絶反応が起こることはありません。

定着率が高い

自毛植毛の場合、定着率は95%にもなるのだとか。
自然に白髪にもなっていくそうですし、完全に「自分の髪」になってくれます。

自毛植毛のデメリット

植毛できる髪の本数には限界がある

自毛植毛では、後頭部などの頭皮を髪のない場所へ移し替えます。
後頭部の頭皮は無限にあるわけではありませんので、
植毛できる髪の本数には自ずと限界が出てきます。

手術が数回に渡るため費用がかかる

一回に植毛できる髪の本数には限りがあるので、
手術は数回に渡って行わなくてはなりません。
なのでどうしても、その分費用がかかってきます。

執刀医のテクニックがかなり必要

自毛植毛は技術的に高度な上、髪の毛を別の場所へ持っていくわけですから、
デザイン的なバランス感覚も必要です。
執刀医に要求されるテクニックはかなり大きく、
テクニックが低い場合は失敗することもあります。

傷跡が残る

外科手術を行いますので、傷跡が残ります。
また手術をしてから再び髪が生えてくるまで、最低でも半年くらいかかります。

人工毛植毛のメリット・デメリット

人工毛植毛とは、これも呼んで字のごとく、人工的に作られた毛を植毛すること。
かつては粗悪な人工毛があったそうですが、今は技術も向上しているみたいです。

人工毛植毛のメリット

好きなだけ植毛できる

自毛植毛は、植毛できる本数に限りがあります。
それに対して人工毛植毛は、何本でも植毛することができます。

手術したその日から効果がある

自毛植毛は、移植した髪は一旦抜け落ち、再び生えてくるまで時間がかかります。
人工毛植毛は、人工毛を植え付けますから、
手術したその日から髪が生えていることになります。

人工毛植毛のデメリット

拒絶反応の心配がある

人工毛植毛では、自分の頭皮ではないものを植え付けることになります。
なのでどうしても、拒絶反応の心配があります。

繰り返し手術をする必要がある

人工毛なので、そのうち摩耗したり抜けたりします。
なのでフサフサの状態を保とうと思ったら、定期的に髪を補わなくてはいけません。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る