カツラをかぶるならバレないための工夫が必要!

カツラは、「バレる」というのが、着けている人にとっては恐怖みたいです。
私自身はカツラを使ったことがありませんので、その恐怖を経験的には知りませんが、
実際に電車などで、「あ、この人カツラだな」と分かることはありますよね?

まずカツラを着けるようになると、行動範囲が狭まってしまうみたいです。
カツラは夜は、外さなくてはいけませんよね?
なので友達とかと旅行などへは行けなくなってしまうとのことです。

あとプールや海など、カツラだとバレそうなところにも、人とは一緒に行けませんよね?

それから彼女ができたりした場合にも、辛いことになる場合があるのだとか。

つき合ったばかりのころは、それは「自分はカツラだ」とは言いませんよね?
女性も、フサフサの自分の髪の毛を気に入ったのかもしれないからです。

でもそれを言わないでいるうちに、もう言えなくなってしまうのだとか。
結婚してから初めてカツラだと分かるとか、ちょっとシャレになりませんよね?

会社でも、「いつバレるか」と不安なのだそうです。
会社なら、「あいつはカツラだ」ということが、
全員に一瞬で伝わってしまいますからね?

なのでカツラは、バレないようにするためには、それなりの工夫が必要らしいです。

カツラだとばれないための工夫とは?

自毛と髪質を同じにする

まずは基本は、カツラと自毛との髪質を同じにすることが必要ですよね?
それがちょっとでも食い違っている場合、カツラだとバレやすいみたいです。

でも髪質は、人それぞれ。
「同じ」といっても、全く同じ髪質はなかなか見つかりませんよね?

とにかくカツラを作る時には、妥協してはいけないのだとか。
納得できる髪質を見つけるまで、粘らないといけないみたいです。

メンテナンスをきちんとする

それからカツラは、メンテナンスが大切だとか。
メンテナンスをしないでいると、カツラの毛が一部だけ縮れてきたりするそうです。

一部だけ縮れた毛など、普通はありませんよね?
なのでカツラは、作るのにはもちろん、
メンテナンスにもそれなりのお金をかけないといけないとのことです。

装着にもテクニックが必要

それからカツラは、毎日装着しないといけないわけです。
これにもそれなりのテクニックが必要になるそうです。

それはそうですよね?
曲がっていたり、自毛が変に見えてしまっていたりしては、カツラだとバレてしまいます。

帽子をかぶるのだって、カッコよくかぶろうと思えばけっこう難しいです。
でもカツラの場合は、それ以上のセンスとテクニックが要求されるとのことです。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る