強いストレスは育毛の妨げになる

ストレスがあると抜け毛が増えるのは、経験的にうなずく人も多いのではないでしょうか。
私も仕事で店長なり、その時から抜け毛が急激に増えました。

実際ストレスは、育毛の大きな妨げになるようです。
ストレスによって抜け毛が増えるのは、理論的には2つの理由があるみたいです。

理由1 頭皮の血行が阻害される

ストレスは、自律神経の働きを乱すことになるそうです。
自律神経は、心臓や血管を初めとする、体の機能を調整する働きがあるものですよね?
なのでストレスでこれが乱されることにより、脂汗をかいたり、
顔が赤くなったりなどなどするわけです。

自律神経の働きが乱れると、心臓や血管の働きも低下して、
血行が阻害されることになるのだとか。
女性の冷え性などは、このストレスによる血流低下が大きな原因なのだそうです。

頭皮にも、たくさんの血管が走っています。
ストレスを受ければ、頭皮の血行も阻害されます。

この頭皮の血液、実は毛母細胞に栄養を運ぶという重要な役割をしているそうです。
血行が阻害されると、毛母細胞に栄養が行き届かなくなり、
それが抜け毛の一つの原因になるようです。

理由2 「テストステロン」が分泌される

以上のように、ストレスを受けると血流が低下します。
でもこの血流低下は、体にとってはいいことではありませんよね?

血液は、体のすべての細胞にとっての生命線。
それが滞ることになっては、生死に関わりかねません。

そこで体は、血流の低下をリカバリーする方法を持っているとのことです。
それが、男性ホルモンである「テストステロン」を分泌することなのだとか。

テストステロンには、血流などの代謝を高める作用があるみたいです。
ストレスを受けると顔が赤くなるのは、まさにそれだと思います。

ただしこのテストステロン、抜け毛を誘発する効果もあるんですね。

テストステロンは、酵素「U型5αリダクターゼ」と結合することにより、
ジヒドロテストステロンを生成します。
このジヒドロテストステロンが毛母細胞に働きかけると、抜け毛が起こるというわけです。

このことが、ストレスを受けると抜け毛が増える、もう一つの原因なのだそうです。

ストレスによる抜け毛を予防するための対策は?

ストレスによる抜け毛を予防するためには、次の2つの対策が有効だと思います。

対策1 ストレスを解消する

まずはやはり、ストレスを効果的に解消すること。
ストレスは、その原因そのものを取り除くことは難しいと思います。
仕事がストレスになるからといって、簡単に仕事を辞めるわけにはいきませんよね?

なので受けたストレスは、できる限り解消してしまうことが必要。

入浴は、ストレスを解消するために効果が大きいのだそうです。
ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのがいいのだとか。

もしシャワーしか浴びていないという人は、
湯船にもきちんと浸かってみてはいかがでしょう?

また十分な睡眠も、ストレスを解消してくれるそうです。
その他にも、適度なお酒を飲むなど、
自分なりの効果的なストレス解消法を見つける必要がありますね?

対策2 ジヒドロテストステロンを抑制する

それからもう一つ、ストレスによって抜け毛が増えるのは、
テストステロンが分泌されることにより、
ジヒドロテストステロンの生成量が増えることも原因です。

ですからジヒドロテストステロンを抑制することも、
ストレスによる抜け毛を予防するためには効果的となるわけです。

ジヒドロテストステロンを抑制する働きを持つのが、
現在多くの育毛剤に含まれる「ノコギリヤシ」。

なので育毛剤をきちんと使うことも、
ストレスによる抜け毛対策には効果的ということです。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る