禁酒は育毛の助けになるのか?

タバコは「百害あって一利なし」と言われる通り、育毛にもよくありません。

タバコの有害成分が、血行を阻害して毛母細胞の栄養を不足させ、
頭皮を乾燥させて皮脂の過剰分泌を招き、
抜け毛の原因となる男性ホルモンを増大させるからです。

なので本気で薄毛対策をしようと思うなら、禁煙はする必要があると思います。

それではお酒はどうなのでしょう?
やはり禁酒した方が、育毛の助けになるのでしょうか?

適量ならむしろ育毛にもプラスの意見が多い

酒は「百薬の長」と言われますよね?
実際適量を飲む人は、まったくお酒を飲まない人より、
長生きするという統計結果があるそうです。

実際、育毛についても適量ならば、お酒はプラスになるという意見が多いです。
その理由は2つです。

血行が促進される

酒は適量を飲む分には、血行が促進されるのだそうです。
頭皮の血行は、育毛にも重要なこと。
プラスの効果があると言います。

ストレス解消になる

お酒は、飲めばストレスの解消になりますよね?
ストレスも、薄毛の大きな原因。
それをお酒で解消できれば、育毛に効果があるというわけです。

ただしこの「適量」は、次の通りです。

  • ビール・・・大びん1本
  • 日本酒・・・1合
  • ウイスキー・・・水割りシングル1杯
  • ワイン・・・グラス1杯

「思ったより少ない」と思う人もいるのではないでしょうか?(笑)

飲み過ぎは絶対良くない

ただしお酒も、飲み過ぎは育毛に絶対よくありません。
その理由は、次の3つです。

血行が阻害される

お酒が血行を促進するのは、あくまで適量を飲んだ場合のこと。
飲み過ぎると、内臓に負担がかかるため逆に血流は低下するのだそうです。

栄養が消費される

摂取したアルコールは、それを肝臓が分解します。
そのために、様々な栄養素が消費されるのだそうです。

まずアミノ酸。これは髪の成長にも重要な栄養素だとのこと。
それからビタミンB群。頭皮の新陳代謝に必要不可欠なのだそうです。

お酒をたくさん飲んでしまうと、これらの栄養素が不足することになり、
育毛にはマイナスになるようです。

睡眠の質が低下する

十分な睡眠は、髪の成長にも大事なこと。
お酒を飲み過ぎてしまうと、睡眠の質が低下します。

お酒はあくまで程々に

以上のように、お酒については、
「適量は良いけれど、飲み過ぎは良くない」
とまとめることができると思います。

私も以前は、仕事のストレス解消のため、お酒をずいぶんたくさん飲んでいました。
でも飲み過ぎは育毛にマイナスになると知ってから、
平日は缶ビールを1本くらいにしています。

ただしお酒は、あまりストイックにやり過ぎても、
ストレスになってしまって良くないとは思います。

私も週に1回ほど、休みの時には、
多少の羽目をはずしても「良し」とするようにしています。

姉妹サイト

ページの先頭へ戻る