指にからむくらいキシむシャンプーは本末転倒?

アミノ酸シャンプーにも色々な種類がありますが、その多くは低刺激で、髪に優しい植物性の洗浄成分を使っていることを売りにしています。また、無添加・無着色・無香料にこだわるなど、市販の安価なシャンプーに比べて、品質面で多くのこだわりを持っています。

 

もちろん、このようなこだわりはアミノ酸シャンプーを使う人にとっては大事なことなのですが、あまりにも「髪に良い成分」にこだわるため、実際の使用感が悪いシャンプーも中にはあるようです。

 

特に目立つのが「髪がキシんで指通りの悪いシャンプー」です。

 

これはシャンプーの中にシリコンやオイルが入っていないためで、髪や頭皮自体にはとても良いことなのですが、使う人にとっては「髪がキシんで指が通らない!」といった困ったことになるケースも。

 

さらに自体がエスカレートすると、シャンプーしてる途中で指に髪の毛がからんで、そのままプチっと髪の毛が抜けてしまう場合もあるようなので注意が必要です。

 

いくら成分的に髪に良いものが含まれていたとしても、そのせいで指に髪の毛がからんで抜けてしまっては意味がないからです。

 

人気シャンプーの中にもキシむものはあるので注意

 

ちなみに、髪の毛がキシむという意見が多いスカルプDですが、注意書きにはあまり目立つような説明はありません。

 

スカルプDを使うのであればコンディショナーは必須なので、他のシャンプーに比べてかなり値段が高くなることは覚悟しておきましょう。

 

ちなみに、コンディショナーなしでも比較的指通りが良くて使いやすいのは「ウーマシャンプー」です。

 

髪の毛長い女性の場合はやはりコンディショナーがあった方がいいと思いますが、単発の男性ならウーマシャンプーだけでまったく問題はないでしょう。

 

関連するページ