最低限の脂分は頭皮を守るために必要!

シャンプー関連でたまに耳にする気になる噂として、「シャンプーしすぎると抜け毛が増える」というものがあります。
日頃から抜け毛対策をしている人からすればかなり気になる話ですが、これは本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、これは「あり得る」という答えになります。

 

なぜなら、髪の毛や頭皮を健康な状態に守るためには、最低限の脂分などが必要なため、過剰なシャンプーによって必要な脂まで落としてしまうと逆効果になるからです。

 

これは髪の毛だけではなく、肌トラブルでも同様のことが言えます。

 

例えば洗顔をやり過ぎて脂分を全部落としてしまうと、乾燥肌になって肌がカサカサになってしまいますよね?
それと同じように、やはり頭皮も洗いすぎはよくないので、「適度に汚れや脂を落とすこと」を心がけましょう。

 

その点、市販の価格が安いシャンプーは、「アルコール系」の洗浄成分を使っているので注意が必要です。
アルコール系のシャンプーは洗浄力が強すぎるため、本来必要な脂分まで落としてしまうことがあるからです。

 

したがって、もし肌が弱かったり、あるいは乾燥肌似なりやすかったりする場合には、植物由来の洗浄成分を使ったアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。

 

汚れを落とす力自体はアルコール系のシャンプーよりも劣りますが、肌にかかる負担が減り、適度な洗浄力で汚れを落としてくれるからです。

 

特に抜け毛が気になる人の場合は、こちらのページで解説したウーマシャンプーが、この点に配慮された「程よい洗浄力のシャンプー」となっていますのでチェックしてみましょう。

 

関連するページ