シャンプーをする際はしっかり泡立てることが大事

顔や体が泡で洗うと良いと言われているように、頭皮や髪もまた泡で洗うのが良いことをご存知ですか。

 

シャンプーは泡立てなくても自然に泡立つので、何となく泡で洗っているような気分になりますよね。

 

でも、泡立て方を間違えていると、泡で洗っていることにはならないんです。

 

そこで正しいシャンプーの泡だて方を見ていきましょう。

 

シャンプーの泡立て方はどうするの?

シャンプーはゴシゴシしているうちに、どんどん泡立ってきますよね。

 

体や顔は泡立たないのに、どうしてシャンプーはこんなに泡立つのか…

 

それは髪が泡立てネットのような役割を果たしているからなんです。

 

でも、髪をネット代わりにして泡立てているなんて、絶対良くないのは目に見えていますよね。

 

ではどのように泡立てるのが一番なのでしょうか。

 

手のひらで泡立てる

シャンプーをするときに、絶対にしてはいけないのは、シャンプーをそのまま髪につけること。

 

確かに髪につけてゴシゴシしているうちに、どんどん泡が立ってきますが、これでは髪に大きな摩擦を与えてしまっています。

 

髪に摩擦を与えることは、ダメージヘアの大きな原因。

 

キューティクルを破壊してタンパク質の抜けた髪を作ってしまいます。

 

そこで、シャンプーを手に取ったら、手のひらで水を加えて泡立てていきましょう。

 

モコモコの泡とまではいかないにしても、ある程度は泡が立つはずです。

 

手のひらで泡立ててから頭につけることで、髪の摩擦を最大限減らすことができます。

 

泡立てネットを使用してもOK

顔や体を洗うのに、泡立てネットを使用しても良いのに、頭だけダメなんてことはありません。

 

泡立てネットにシャンプーをつけて、モコモコの泡にしてから頭につけるのも一つの手です。

 

特にアミノ酸シャンプーや無添加シャンプーなどは、泡立たせるための化学成分などが含まれておらず、泡立ちが悪い場合があります。

 

泡立ちが悪いからといって、髪の毛をこすり合わせて泡立ててしまっては、せっかくの良質なシャンプーが台無しになってしまいます。

 

こういったシャンプーの場合は、泡立てネットを使用するとより便利です。

 

お湯と混ぜてシェイクする

高級アルコールシャンプーの場合は、お湯で薄めて使うのがちょうど良いと言われています。

 

泡立つ成分も豊富に含まれているので、お湯で薄めてもしっかりと泡立つのです。

 

桶やプラスチック容器などにシャンプーとお湯を入れて、よくシェイクして泡を作り、その泡で洗うというのがお勧めです。

 

ただし、アミノ酸シャンプーや石鹸シャンプーなどのように、もともと泡立ちの悪いシャンプーは、この方法は向いていないので注意してください。

 

泡で頭皮を洗う

泡で洗うと言っても、髪に泡をつけているだけではダメ。

 

泡立てた泡は、髪の隙間の頭皮にまでしっかりとつくようにして、頭皮を洗うように心がけましょう。

関連するページ