シャンプーって毎日する必要はあるの?

「毎日シャンプーするのは洗いすぎ。二日に一回が理想的」。

 

こんな情報を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

最近、毎日シャンプーすることが髪に悪いという有名人が増えてきたり、お湯シャンプーという、お湯だけで洗髪する方法が話題になったりと、シャンプーを毎日するという常識が覆されつつあります。

 

色々なメディアでも、毎日シャンプー反対派の意見と、毎日シャンプー支持派の意見が飛び交っています。

 

毎日シャンプー反対派の意見

 

毎日シャンプー反対派の意見は、次のようなものがあります。

 

  • 日常生活ではそれほど汚れが付着しない
  • シャンプーしすぎることで、髪や頭皮にダメージを与える
  • 皮脂の取りすぎはトラブルの元

 

確かに、シャンプーは髪にダメージを与える行為なのは確かです。

 

こすり合わせることで髪は傷つけられてしまいますし、シャンプーの刺激も受けることになります。

 

ですから、毎日シャンプーすることが、髪の負担になるというのは事実です。

 

また頭皮に関しても、洗いすぎることで肌トラブルを起こしやすくなります。

 

皮脂や汚れをごっそり洗い流すのがいいというわけでもないのです。

 

そこで、シャンプーは毎日ではなくて、一日おき程度でとどめることが髪にも頭皮にも良いというわけですね。

 

毎日シャンプー反対派には、有名人をはじめ皮膚科などの医師も多いようです。

 

毎日シャンプー指示派の意見

 

一方で、毎日シャンプーする方が良いという、毎日シャンプー支持派の意見には次のようなものがあります。

 

  • 古い皮脂を落としてあげないと、毛穴のつまりの原因になりやすい
  • 皮脂が残ったままでは、地肌がべたついて髪にボリュームが出ない
  • 皮脂が残りすぎている状況では、皮脂の分泌不足になりやすい(乾燥肌)
  • スタイリング剤などの汚れが残るのは危険
  • 古くなった皮脂は臭いの原因になる

 

古くなった皮脂を取り除かないと、毛穴のつまりを引き起こすのも事実ですし、スタイリング剤などが髪に付着したままでは、逆に髪と頭皮に大きなダメージとなります。

 

スタイリング剤などはお湯だけでは落としきれないものも多いので、お湯シャンプーだけでは汚れが残ってしまう恐れがあります。

 

また、シャンプーをしないことで、髪のべたつきや悪臭を起こしやすいのも事実です。

 

美容師さんなどは、毎日シャンプー支持派がほとんどです。

 

結局どうすればいいの?

 

どちらの意見も正論なので、結局どっちにすればいいのか悩んでしまいますよね。

 

でも、どちらの意見も、言いたいことは同じなんです。

 

毎日シャンプー反対派と毎日シャンプー支持派の、言いたいことを要約すると、「洗いすぎは地肌や髪に良くないけど、汚れが残るのも良くないので、適度に洗うのが良い」ということ。

 

これはアミノ酸シャンプーの効果と同じですよね。

 

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮への刺激を押さえ、汚れは落としつつも適度に皮脂は残してくれるというシャンプー。

 

毎日シャンプー反対派の意見も、毎日シャンプー支持派の意見も、どちらも満たしてくれるというわけです。

 

アミノ酸シャンプーで毎日シャンプーしましょう

 

毎日シャンプーしないことは、うまくいけば髪の美容につながるかもしれません。

 

でも良い方向に行くには難しい部分もあります。

 

女性であればスタイリング剤をつけない人は少ないでしょうし、職業柄、汗をたくさん掻く人や、臭いが髪に付着してしまう人も多くいます。

 

また皮脂が過剰に分泌される脂性肌の人であれば、シャンプーしないことが逆に悪影響を及ぼす恐れもあります。

 

こういったリスクを冒してまで、シャンプーを一日おきにするよりも、アミノ酸シャンプーのように優しいシャンプーで毎日洗う方が、簡単に健康的な髪を手に入れられます。

 

ただし、絶対にしてはいけないのは、アミノ酸シャンプーで、一日おきにしてしまうこと。

 

アミノ酸シャンプーはただでさえ洗浄力が弱いので、一日おきでは汚れが落としきれない可能性があります。

 

アミノ酸シャンプーを使用するのであれば、毎日欠かさずシャンプーするようにしましょうね。

関連するページ