シャンプーの洗浄力は強いほどいいの?

シャンプーの広告や宣伝などを見ていると、

 

「皮脂をごっそり取り除く!」

「頭皮をスッキリ洗い上げる!」

 

こんな言葉をよく目にしますよね。

 

多くはスカルプシャンプーによく使われているセリフです。

 

こういったシャンプーが売りにしているのは、強い洗浄力。

 

洗浄力が強ければ、皮脂汚れもなくなり頭皮環境が良くなるという考え方です。

 

でも、本当に洗浄力は強いほうがいいのでしょうか。

 

洗浄力の強いシャンプーは良いのか?

頭皮の汚れを取り除くことは確かに大切なことです。

 

そして皮脂が毛穴のつまりの原因になることも事実です。

 

ということは、やっぱり強い洗浄力で、頭皮の汚れや皮脂を取り除くのがいいのでしょうか。

 

答えは「NO」です。

 

ではなぜ強い洗浄力がダメなのか、その理由を見ていきましょう。

 

皮脂は保護のために残したい

もちろん、頭皮の汚れは邪魔者なので取り除くのが望ましいですが、皮脂に関してはすべて取り除いてしまうのはNG。

 

頭皮や髪の保護のためにも、ある程度残っているのが最適なのです。

 

皮脂の全くない頭皮を、外気や紫外線にさらすことは、大きなダメージの原因になってしまいます。

 

皮脂の過剰分泌を促す

皮脂を毎日毎日根こそぎ取り除いて、頭皮にダメージを与え続けてしまうと、皮脂が不足していると判断して、皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

 

私たちの体は防衛本能に優れているので、できるだけ体が傷つかないように調整されるんですね。

 

皮脂を取り除くはずのシャンプーが、逆に皮脂を増やしてしまう…

 

何とも切ない、すれ違いの悪循環ですね。

 

強い洗浄力で肌を傷つける

洗浄力が強いということは、それだけ刺激も強いということ。

 

強い刺激が頭皮にダメージを与えてしまい、フケやかゆみ、ニキビや炎症などの原因にもなってしまいます。

 

洗浄力が強いシャンプーとは?

洗浄力が強いシャンプーとは、具体的にどのようなシャンプーのことなのでしょうか。

 

もちろん、洗浄力が強いことを売りにしているようなスカルプシャンプーは当然ですが、それ以外にも洗浄力が強いシャンプーはたくさんあります。

 

高級アルコールシャンプー

強い洗浄力を売りにしているスカルプシャンプーだけでなく、一般的に市販されている多くのシャンプーが、高級アルコールシャンプーと呼ばれるシャンプー。

 

このシャンプーの特徴は、皮脂をすべて取り除いてしまうという点。

 

そして強い刺激があるのも大きな特徴です。

 

石鹸シャンプー

一見肌によさそうな石鹸シャンプーも、洗浄力はかなり強め。

 

汚れも皮脂もすべて取り除いてしまいます。

 

ただし、天然成分で作られているので、高級アルコールシャンプーに比べれば刺激は少なめ。

 

短い時間で使用するのであれば、強い刺激は避けられます。

 

ただし石鹸シャンプーの特徴はアルカリ性という点。

 

髪がアルカリ性に傾くと、きしみを強く感じてしまいます。

 

洗浄力の弱いシャンプーとは?

では逆に洗浄力の弱いシャンプーとは、どのようなシャンプーでしょうか。

 

本当に髪と頭皮のことを考えている人が選ぶべきシャンプーをご紹介します。

 

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸を使用したシャンプーのこと。

 

アミノ酸を使用することで洗浄力をできるだけ抑え、汚れは取り除きながら、必要な皮脂は残してくれるのが大きな特徴です。

 

またアミノ酸は髪や頭皮と同じ成分なので、刺激も少ないという嬉しいメリットもあります。

 

ベタイン系シャンプー

ベタインもまたアミノ酸の一種ではあるのですが、両性界面活性剤という特徴を備えているので、孤立して「ベタイン系」と呼ばれています。

 

ベタイン系シャンプーは洗浄力が優しいことはもちろん、肌への刺激も少ないのが特徴的。

 

さらには両性界面活性剤の特徴で、洗浄と補修の両面を兼ね備えています。

 

洗いながら髪を修復できる、最近話題のシャンプーなんですね。

 

洗浄力の強いシャンプーは避けましょう

頭皮に問題を抱えている人ほど、ついつい洗浄力を求めがち。

 

きれいになれば、頭皮の環境が良くなるのでは?と勘違いしてしまいます。

 

でもこれは全くの逆効果。

 

強い洗浄力では頭皮トラブルは改善できません。

 

頭皮に問題がある人こそ、強い洗浄力のシャンプーは避けるようにしましょうね。

関連するページ