それ本当にニキビ?脂漏性湿疹が頭皮かゆみの原因かも

皆さんは『脂漏性皮膚炎』をご存知ですか?顔や頭皮に脂性の湿疹やかさぶたができる疾患です。

 

頑固な頭皮のかゆみは、もしかしたら脂漏性皮膚炎が原因かも知れません。

 

脂漏性皮膚炎の特徴

脂漏性皮膚炎は、主に顔や頭部などの、皮脂分泌が多いところにできます。フケのような脂が付着していたり、湿疹やかさぶたのある紅斑ができたりする皮膚炎です。

 

ニキビとも見間違うものもあります。「最近どうもフケやかゆみが多いな」と感じているとしたら、一度疑ってみてみましょう。

 

最近になって、脂漏性皮膚炎と診断される人が増えてきています。まだ知名度はそれほどでもないので、気づいていない人も多いようです。

 

脂漏性皮膚炎が起こる原因

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰に分泌されることと、マラセチア菌というカビ(真菌)の一種が原因です。でも、このマラセチア菌は、誰の皮膚にも存在する常在菌で、皮脂をエサにしています。

 

このマラセチア菌は、皮脂を分解するときに、オレイン酸やアラキドン酸を生成します。これらの酸と、皮脂を分解させる酵素(リパーゼ)が、皮膚に炎症を起こさせるのです。

 

マラセチア菌による皮脂の分解は、普段から行われていて、体が元気なときはあまり影響を受けませんが、なんらかの理由で自己免疫力が落ちると、過剰反応を起こして脂漏性皮膚炎になってしまうのです。

 

つまり、皮脂の過剰分泌、マラセチア菌の増加、免疫力の低下のどれかが欠けていると、脂漏性皮膚炎は起こりません。

 

脂漏性皮膚炎の治療

脂漏性皮膚炎は、赤ちゃんや思春期の男性、そして成人男性に多い疾患です。

 

赤ちゃんや思春期までの場合、皮脂線の未熟さと成長過程による一過性のものが多いですが、成人男性の場合、自然に治ることはまずないので、治療が必要になります。

 

抗真菌薬や抗生剤、ステロイド、ビタミン剤などで改善をこころみます。ストレスや過労、紫外線などによる外部からの刺激を避け、シャンプーなども刺激の少ないものを使うようにします。

 

成人になってからは完治は難しく、症状を軽減する治療を受けながら、体調を整えて脂漏性皮膚炎とつき合っていくことになります。

 

女性にも増加!脂漏性皮膚炎

男性ホルモンには皮脂の分泌をうながすはたらきがあるので、脂漏性皮膚炎になるのは圧倒的に男性が多いのですが、最近になって女性患者も増えてきています。

 

これは、女性の生活スタイルが男性化してきたことが原因ともいわれています。女性に男性型脱毛症(AGA)に似た脱毛症が増えてきているのと同じですね。

 

完治が難しい脂漏性皮膚炎ですが、治療をしなければさらに悪化してしまうので、疑われる場合はすぐに受診し、早めに治療を始めましょう。

 

早めに治療を開始することで、その後のコントロールも容易になります。脂漏性皮膚炎の治療も日々進化していますので、あきらめずにケアを続けていきましょう。

 

関連するページ