頭が臭い!ギトギトやニオイの犯人は毎日の食事だった

なんとなく頭の臭いが気になることって、ありませんか?それが毎日ではなく、どうも波があるようです。

 

頭を動かすたびに、かすかに脂っぽい臭いが漂ってくると、なんだかブルーな気分になります。ドライヤーをかけるのも苦痛ですよね。

 

できれば、臭いのない状態でずっと過ごしたいですよね。そのためには、臭いの原因を知ることから始めましょう。

 

臭いの原因は皮脂

頭皮の臭いの原因は、主にノネナールという成分のせいです。これは加齢臭のもととなる成分として有名ですよね。

 

皮脂の中の脂肪酸『ヘキサデセン酸』が分解される際に発生します。

 

これとは別に、皮脂が活性酸素により酸化することでも、脂っぽい臭いを発します。

 

臭いのもとになる食べ物って?

肉類をたくさん食べた日の翌日に、臭いが強くなることに気づきましたか?こうした脂質の多い食べ物を多く摂ると、いつもよりたくさん皮脂が分泌されます。それが酸化して、臭いが強くなるのです。

 

このほかにも、甘いもの、辛いもの、食品添加物、アルコールなどが、皮脂の過剰分泌の原因になります。どれもつい摂ってしまうものですが、臭いをおさえるためには、控えめにしたほうがよさそうです。

 

また、動物性タンパク質は、インドールやスカトール、硫化水素などの悪臭成分を発生させるもとになります。これは乳製品も同様です。

 

中和させるためには、野菜や果物、穀物を一緒に食べましょう。ビタミン摂取も有効です。

 

つまり、臭いのもととなる食品を、一切絶つ必要はなく、バランスよく食べることが大事なのですね。肉ばっかり、とか、スイーツばっかり、といった食べ方がよくないのです。

 

どうする?頭皮の臭い対策

食事はバランスよく摂りましょう。これが一番の対策です。食物繊維もたっぷり摂ってくださいね。

 

また、腸内環境を整えて体臭を軽減させるヨーグルトなどの乳酸菌も、積極的に食べると効果的です。そして、食事と一緒に緑茶やウーロン茶などの臭いをおさえる効果のある飲み物を飲みましょう。

 

もし頭皮の臭いが強いと感じたら、緑茶やウーロン茶のでがらしを入れたお湯を洗面器に張り、頭皮をジャブジャブ洗ってみてください。

 

お茶の殺菌効果で消臭ができ、スッキリとしますヨ。時間がないときは、お茶でしぼったタオルで頭皮を拭きましょう。

 

脂っぽい頭皮の特有な臭いは、皮脂の酸化が原因だったのですね。食べ物の摂り方によっても臭いの強さは変化しますので、ぜひバランスのとれた食事を心がけてコントロールするようにしましょう。

 

関連するページ