フケ予防にはどんなシャンプーが効果的なの?

フケ症にとって気になるのが、やはりシャンプーですよね。

 

今はさまざまな「フケ用」が出回っていてよりどりみどりですが、かえって迷ってしまうの人も多いのではないでしょうか?

 

フケを改善させるか悪化させるか、そしてちゃんと予防できるかは、シャンプーにもかかっています。

 

では、どんなシャンプーを選べばいいのでしょうか?

 

乾性フケとフケ予防は優しいものを

フケ用のシャンプーを選ぶ際には、頭皮の状態をよく観察するようにしましょう。

 

フケ症はおおまかに分けて2種類あります。

 

「乾性フケ」と「脂性フケ」ですね。

 

自分がどちらの傾向かをよく見極めて、シャンプーを選ぶ必要があります。

 

乾性フケの場合は、皮脂を取り過ぎないことに重点をおきましょう。

 

そして乾いた頭皮はダメージに弱くなっているので、刺激が強くないものを選んでください。

 

アミノ酸系や弱酸性系のシャンプーがおすすめです。

 

乾燥が激しいときには、シャンプーを使わず、ぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

 

フケがまだ気にならない状態で、予防のためにシャンプーを選ぶ際にも、刺激が少ないアミノ酸系の天然のものを選びましょう。

 

頭皮の荒れが、フケの原因のひとつでもありますので、今後のためにも優しく洗い上げることを心がけましょう。

 

そして、シリコン剤が配合されているシャンプーは避けてください。

 

シリコンは髪をサラサラに保つためのコーティング剤で、手触りのいいツヤのある髪に仕上げてくれますが、すすいでも髪や頭皮に残ってしまうので、毛穴につまったりして頭皮に負担をかけてしまいます。

 

「ジメチコン」、「シクロメチコン」、「アモジメチコン」などと記載があるものは、シリコンが配合されているので避けましょう。

 

乾性フケにおすすめのシャンプー

 

脂性フケには機能的なものを

脂性フケは、皮脂をスッキリ洗い落とせて、マラセチア菌の増殖を抑えられる抗真菌効果のあるものを選ぶようにしましょう。

 

「ジンクピリチオン」、「硫化セレン」、「サリチル酸」、「ピロクトンオラミン」、「ケトコナゾール」、「シクロピロックス」などが効果的といわれています。

 

また、「コールタール」のように、皮膚の成長を遅らせて頭皮の剥離を減らす成分が使われているものもあります。

 

ただこれらの成分で効果が出るかどうかは、個人差にもよります。

 

臨床試験でも100%の効果が出ているわけではありません。

 

人によっては刺激が強いと感じられるものもありますので、いろいろ試してみて、相性のいいものを探してみてください。

 

脂性フケにおすすめのシャンプー

 

乾性フケ・脂性フケも洗いすぎに注意!

乾性フケ・脂性フケどちらの場合にも、シャンプーは多くて1日1回までにとどめておきましょう。

 

乾性フケはもちろんですが、脂性フケも皮脂を洗いすぎると、頭皮はさらに必死になって皮脂を分泌しようとします。

 

オイリーな頭皮は、水分量が低下し、かわりに皮脂を出して皮膚表面を守ろうとしている状態なのです。

 

乾性フケ・脂性フケとも、すすぎをしっかりとして、シャンプー剤が頭皮や髪に残らないように気をつけてください。

 

そして洗髪後には保湿をし、植物油などを頭皮に薄く馴染ませて乾燥を防ぐようにしましょう。

 

こんな洗い方も!?

市販のシャンプー以外にも、フケに効果のある洗髪方法があります。

 

まずは、お酢シャンプー。

 

お酢は髪や頭皮と同じ弱酸性のまま洗いあげてくれるので、刺激が少なく、頭皮もサッパリします。

 

普通のお酢やリンゴ酢を、洗面器に大さじ1杯〜3杯(お好みで)入れてお湯で薄め、そこに頭を浸します。

 

軽く頭皮になじませ、汚れを浮かすようにして洗ってから、お湯ですすいで終わりです。

 

お酢で洗髪すると、殺菌・消炎効果や、頭皮のPHの調整、かゆみの軽減、そして頭皮を柔らかくし乾燥を防ぐ効果があります。

 

手に入れやすくリーズナブルなのもメリットですね!

 

次に、重曹を使った洗髪方法をご紹介します。

 

重曹は特に脂性フケに有効で、固まった皮脂も簡単に落とし、殺菌効果もあるすぐれものです。

 

シャンプーに大さじ1杯の重曹を混ぜて、頭皮をマッサージするように洗ってもいいですし、100mlのぬるま湯に重曹10gを混ぜ、シャンプー後に頭皮になじませてからすすぐと、マラセチア菌の増殖を防ぐのに効果があります。

 

お料理だけでなくお掃除にも役立つお酢や重曹は、頭皮まできれいにしてくれる万能アイテムなのですね!

 

 

関連するページ