頭皮の乾燥を悪化させないようにシャンプーはやさしくやろう

頭皮が乾燥して、かゆみやフケが出てしまった場合、頭皮に潤いを与えることが重要ですよね。

 

でも頭皮は顔や体と違って、保湿クリームを塗ったり、パックしたりなんてできない場所。どうやって乾燥を直せばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時、注目したいのがシャンプーです。頭皮の乾燥はシャンプーの種類と洗い方で大きく改善できます。

 

乾燥した頭皮に良いシャンプー

乾燥してしまった原因はシャンプーにあると考えられるほど、頭皮の乾燥とシャンプーは密接な関係にあります。

 

ではどんなシャンプーが乾燥した頭皮を改善してくれる、良いシャンプーなのでしょうか。

 

洗浄力の弱いシャンプー

頭皮の乾燥は過剰な洗浄力のせいで起こっている可能性があります。顔や体でも、洗浄力の高い石鹸で洗うとカサカサになってしまいますよね。

 

でも乾燥してしまった人の中には、「洗浄力を重視したスカルプシャンプーやクレンジングシャンプーなんて使ってない!」と不思議に思う人も多いかもしれません。

 

シャンプーの洗浄力は、界面活性剤によって決まります。洗浄力を売りにしているシャンプーではなくても、洗浄力の強い界面活性剤を使用していれば同じことなのです。

 

洗浄力の強い界面活性剤とは、高級アルコール系界面活性剤や石鹸のこと。逆に洗浄力の弱い界面活性剤とは、アミノ酸系界面活性剤やベタイン系界面活性剤。

 

頭皮の乾燥が気になる人は、洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーやベタイン系シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

刺激の強い化学成分が含まれないシャンプー

シャンプーの中には、色々な成分が含まれています。中には、パラペンや合成香料、合成保存料など、肌に刺激を与えてしまう成分が含まれることもあるのです。もちろん、開封後も変わらない品質を保つために、こういった成分は必要不可欠かもしれません。

 

でも技術の進歩によって、体に害の少ない天然成分でも、品質を最低限維持できるようになってきています。頭皮の乾燥を悪化させないためにも、刺激のある成分が含まれないシャンプーを選ぶことが大切ですね。

 

乾燥を防ぐシャンプーの方法

洗浄力も弱く、低刺激のシャンプーを選択していても、シャンプーの方法を間違えてしまえば、乾燥を防ぐことはできません。

 

正しくシャンプーを使いこなすことも、重要なカギなのです。

 

手早く終わらせる

シャンプーが頭についている時間が長ければ長いほど、頭皮は刺激を受け続けています。

 

洗浄力が弱く、刺激の少ないシャンプーを使っていても、ダメージはゼロではありません。長時間頭皮につけていれば、どうしても影響を受けてしまうのです。

 

シャンプーをするときは、できるだけ予洗いをしっかりとして、シャンプーをつける時間を最低限にとどめるようにしましょう。

 

二度洗いは厳禁

泡立ちが悪かったり、何となくきれいになっていないと感じた時、ついつい二度洗いをしてしまいがちですよね。でもシャンプーを二度も頭皮につけるということは、頭皮にとって相当なダメージ。乾燥も悪化してしまいます。

 

二度洗いをしなくても済むように、まずは予洗いで汚れをある程度落とし、それからシャンプーをつけるようにしましょう。

 

原液を直接つけない

シャンプーをするとき、原液を手に取ってそのまま頭へ…こんな洗い方をしていませんか。

 

でも髪と頭皮をこすり合わせてシャンプーを泡立てることは、頭皮に相当な負担がかかってしまいます。摩擦で頭皮が傷つき、乾燥どころか炎症にまで発展してしまうことも。

 

シャンプーをするときは、必ず手のひらで一度泡立ててから、頭につけるようにするのがベストです。

 

すすぎは洗いの倍以上の時間をかけて

シャンプーをきちんとすすぐということは、頭皮にとってとても重要なポイントですよね。シャンプーが頭皮に残ってしまえば、悪影響を与えることは目に見えています。

 

でも、どれくらい洗い流せばきちんと流せているのか、ハッキリとした判断は難しいですよね。シャンプーのぬるぬる感がなくなるまでというのは当然ですが、それだけでは落としきれていないときがあります。

 

そこで目安となるのが、すすぎの時間。シャンプーをきちんと洗い流すためには、洗っている時間の倍以上のすすぎ時間が必要と言われています。

 

きっちりと正確に計る必要はありませんが、それぐらい時間をかけて、じっくりとシャンプーを洗い流すようにしましょう。

 

乾燥を感じたら早めの処置を

頭皮の乾燥は、まずはかゆみから、そして悪化するにつれてフケ・炎症へと発展してしまいます。どんどん悪化するにつれて、改善するのが難しくなりますし、時間もかかってしまいます。

 

かゆみ感じたり、何となくカサついていると思ったら、できるだけ早く処置を施してあげるようにしましょう。

関連するページ