頭皮が乾燥しやすい女性におすすめのケア方法

頭皮の乾燥には、保湿が一番。でも、頭皮の保湿ってどうやってすればいいの?

 

顔や体と違って保湿ケアが難しい頭皮。乾燥してしまったときは、どんなケアを施せばいいのでしょうか。

 

頭皮の乾燥のためのケア方法

頭皮が乾燥している時、お勧めのケア方法は次の2つ。

 

簡単に行える方法ばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

蒸しタオル

頭皮を保湿するために、一番有効的なのが蒸しタオル。頭皮を蒸すことで、肌に潤いを与えてくれます。

 

シャンプー前に5~10分程度、濡れたタオルを頭に巻くだけという、とてもシンプルな方法なので、無理なく行えます。また蒸しタオル前にマッサージを施すと、より効果的です。

 

頭皮用ローションを塗る

最近では、頭皮のための保湿ローションなどが販売されています。手っ取り早く保湿したい!というときは、これが一番ですね。

 

ただ人によっては肌に合わなかったり、べたつきを感じたりなどのデメリットもあります。

 

危険因子を減らそう

頭皮の乾燥に有効的な方法をマスターするだけでは、根本的な問題は解決していませんよね。頭皮を乾燥に導いてしまう危険因子を排除しなければ、再び同じことを繰り返してしまうだけです。

 

頭皮の乾燥を引き起こさないためには、どのような点に気を付けると良いのでしょうか。

 

ドライヤーに注意

髪を乾かすために必要不可欠なドライヤー。でも使い方によっては、頭皮を乾燥させてしまいます。

 

ドライヤーを使用する時間はできるだけ短縮し、頭皮から離して使うこと、同じ場所に長時間当て続けないことなど、頭皮のダメージをできるだけ減らしてあげましょう。

 

エアコンに注意

冬になると、ただでさえ外気は乾燥しがち。そのうえエアコンの暖房機能を使用してしまうと、部屋の空気はより一層乾燥してしまいます。

 

空気が乾燥していれば、当然頭皮も乾燥しやすくなりますよね。頭皮の乾燥を防ぐためには、エアコンのつけすぎにも注意が必要です。どうしても使用する場合は、加湿器などを併用して、部屋の乾燥を防ぐようにしましょう。

 

紫外線に注意

夏はほとんどの人が紫外線を意識しているので、帽子や髪の毛のための日焼け止めなどを使っている人も多いのですが、冬になると紫外線対策はおろそかになってしまいますよね。

 

弱いとはいえ、紫外線は冬でもずっと発生しています。頭皮に紫外線が当たることで、乾燥を促してしまう恐れがあるので、冬でも長時間外出する場合は、しっかりと紫外線対策をしていきましょう。

 

生活習慣に注意

頭皮の乾燥を生活習慣…あまり結びつかないような感じがしますが、実はとても深い関係性があります。

 

頭皮のターンオーバーが乱れると、水分を含む新しい細胞が作られず、水分を失った古い細胞が残ってしまいます。これが頭皮の乾燥を悪化させてしまうのです。

 

頭皮の乾燥を内面から防ぐためにも、睡眠時間をしっかりと確保する、バランスの取れた食生活を送る、喫煙や飲酒は避けるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

 

美髪のためにも頭皮の乾燥を防ごう

頭皮が乾燥してしまうと、かゆみやフケなどの不快な症状を引き起こすだけでなく、髪のダメージにも大きく関わってきます。

 

頭皮のダメージが毛根に伝わり、強く美しく、潤いのある髪が生えなくなってしまうのです。

 

美しい髪のためにも、頭皮の乾燥を未然に防いで、健康的な頭皮を手にれましょう。

関連するページ